初級能登畠山家講座
〜これであなたも能登畠山通になれる〜

はじめに
 考えて見ればこのホームページ、歴史を学ぶ初学者に優しくない「簡単なことを難しく書く」ページになってないかなって思いました。そこで皆さんにぜひ、能登畠山家の魅力を知ってもらおうと、プロデュースするのがこのコンテンツ「初級能登畠山家講座〜これであなたも能登畠山通になれる〜」です。内容としては、できるだけ能登畠山家について。わかりやすくカンタンにまとめようというものです。能登畠山の歴史入門編としてお読みいただければ幸いです。
 さて、皆さんは能登畠山家というと、どういう印象をお持ちでしょうか?某ゲームによって弱小大名という印象であったり、上杉謙信に滅ぼされた旧来的な没落守護大名という印象だったり、江戸時代に加賀百万石の大名家であった前田家や、百年あまり加賀を支配した加賀一向一揆という存在に押されて脚光を浴びない大名だったりと、否定的な印象を持っている方も多いのではないでしょうか?しかし、能登畠山家は歴史好きな人に実に面白い素材を与えてくれるのです。「朝倉氏城下町の一乗谷と並ぶくらい繁栄した城下町」「豊かで高い文化水準」「日本の五大山城と言われる居城」「室町幕府の幕閣に列する」「知勇兼備の優秀な当主達」。皆さん信じられるでしょうか?これらはすべて能登畠山家に当てはまるのです。「朝倉氏城下町の一乗谷と並ぶくらい繁栄した城下町」は小京都と呼ぶに相応しい繁栄を見せた畠山家居城七尾の城下町。「豊かで高い文化水準」は3代義統や7代義総の連歌集(県指定重要文化財)に代表されるように、歴代当主・家臣が文化に精通していたこと。「日本の五大山城と言われる居城」は、あの上杉謙信が2年経っても実力で攻め落とす事ができなかった七尾城のこと。「室町幕府の幕閣に列する」は初代満慶、2代義忠、3代当主義統、4代・6代義元が、室町幕府の最高権力者グループである「御相伴衆」に任命されていること。「知勇兼備の優秀な当主達」は、3代義統、7代義総、9代義綱の業績にみることができます。特に、9代義綱は能登畠山家を戦国大名に脱皮させようとした当主として、再評価されるべきでしょう。さらに、能登畠山氏が領した能登は、現代能登が過疎化が進むごとく辺境の地ではなく、中世の日本海の主要地に位置づけられるほど重要な国だったのです。
 このように、能登畠山家はただ歴史に取り残されて滅んだ大名家ではなく、実に室町・戦国の世に様々な軌跡を残した大名家なのです。このコンテンツで皆さんが能登畠山家に興味を持ってもらえるようになれば幸いです。それではいよいよ「初級能登畠山家講座」のスタートです!まず始めに日本全国にいる畠山家から見てまいりましょう。

(1)意外に知られていない畠山の嫡家

初級能登日本地図
素材提供: 「白い地図工房」様のホームページ

 昔の日本人は、とにかくどの血筋かってことを気にしましたよね。源氏?平氏?はたまた藤原氏か。畠山家も例にもれず、桓武平氏の出身と言われています。平姓畠山氏で有名な人物としては、「畠山重忠」がいます。結構この重忠は有名で埼玉県や横浜市などでは一部教科書などでも登場するようです(平姓畠山に関しては詳しくは、「重成血統会の歴史」の畠山氏のコンテンツを参照。当サイトからもリンクさせて頂いております)。しかし、ここが他の家と違う畠山家。なんと、平姓畠山家の一族は、実力をもっていたがゆえ、鎌倉時代に執権北条氏一族に疎まれて滅亡させられてしまいます。そこで、名族の家筋断絶を惜しんだ源氏血筋の足利家が重忠の妻だった人物と(足利義純を)再婚させ、畠山家を復活させます。これによって、畠山家の血筋は「源氏」へと変わるのです。

 ところで、畠山家嫡家(宗家)がどこにあるか知っていますか?畠山家といえば、日本史の教科書でもでてくる応仁の乱で兄弟争いをした「畠山政長」と「畠山義就」が真っ先に思い浮かぶかもしれません。しかし、実は源氏畠山家嫡家は二本松にあるのです。二本松畠山家といって真っ先に思い出すのは、あの独眼流伊達政宗の父輝宗を誘拐して、最期は政宗の鉄砲によって撃ち殺されたという「畠山義継」が思い浮かぶのではないでしょうか?まさにこの畠山家が源氏畠山家の嫡家(宗家)で、畠山義純から数えて、畠山義継で15代目となります。ただ、室町時代も中頃になると、すっかり二本松畠山家の勢力は弱くなります。その代わり河内へ行った源氏畠山家の庶流の河内畠山家が、室町幕府の要職である管領に任命されたりと、まるで畠山家の嫡家のような役割になってしまうのです。でもあくまで血筋上は二本松畠山家が嫡家なんです。では、能登畠山家はどこから来たのかというと、河内畠山家の庶流にあたります。ですから、畠山家の血筋の順序から言えば「1.二本松畠山家→2.河内畠山家→3.能登畠山家」という順序になります。ただ、河内と能登の畠山家の交流は積極的にあったようなのですが、二本松と他の畠山家が交流の交流は断片的にしか知られません。これは二本松畠山家の史料がほとんど残っていないことが原因のひとつにあげられます。

それでは次に、いよいよ能登畠山家の動きをみていきましょう。

(2)畠山家の能登入国はすんなりOK
 能登畠山家は、1408年に畠山満慶が兄の満家より能登一国を分離して与えたのが始まりといわれています(詳しくは畠山家の出自・能登畠山家のおこり参照)。その頃の大名は一般的に在京大名であったように、畠山満慶も在京して能登には住んでいませんでした。そのかわり大名の代理として統治する守護代遊佐氏を能登に派遣したようです。
 初期の能登畠山家は本国(ここでは河内畠山家)から連れてきたいわば出向社員のような家臣を連れて、遊佐氏・誉田氏などが能登入りします。それに対抗して、能登国内では、よそから入って来た新社長とその重役達を排除する者、新しい社長に取り入る者とがいたようです。最初こそ、能登畠山氏に対抗する勢力は勢いがあったようですが、畠山の家臣となった者達以外は没落してしまったようで、比較的能登畠山氏の支配は安定しました(最も、能登畠山家に属したくないので、もっと上級の権力=将軍家に仕えた奥能登の長家みたいな武士もいました)。こうして、満慶に始まる12代(満慶−義忠−義統−義元−慶致−義元−義総−義続−義綱−義慶−義隆−春王丸)、170年に及ぶ能登畠山家の能登治世が始まるのです。

(3)守護大名としての畠山家、戦国大名としての畠山家
 強いものが弱いものを駆逐してしまう。これが世の中の掟のようになっていますが、戦国時代でも戦国大名が守護大名を駆逐していきました。さて、能登畠山氏は守護大名から戦国大名に脱皮できたのでしょうか。答えは否です。さてそれでは、能登畠山家の政治の動きを守護大名的側面、戦国大名的側面からみていきましょう。
 まず、守護大名的側面からです。前にも書きましたように、能登畠山家は在京大名でした。しかし、その転換期が訪れたのは15世紀半ばでした。将軍家や河内畠山家の跡目争いに端を発し、山名宗全率いる西軍と細川勝元率いる東軍とにわかれて争った戦乱。いわゆる応仁の乱です。能登畠山家は現将軍である足利義政と敵対する畠山義就側、つまり西軍に味方しますが、戦況は西軍に厳しい状態になってきます。応仁の乱の時能登畠山家の当主でだった「畠山義統」にも将軍直々に「東軍に寝返るように」お達しが来るのですが、西軍の有力大名と共に西軍にとどまった為、将軍のかなり怒りを買います。そこで、西軍の有力大名は京都にいられなくなり、一端美濃(岐阜県)に逃げます。そこで何度も将軍に謝罪し許してもらうのですが、それでも将軍から冷遇されたので、それぞれが分国(領地)に戻ることになりました。こうして畠山義統は能登に下向して留まる事になります。こうして、能登畠山家では3代義統より在国大名となるのです。
 大名が下向し、分国で大名支配の基盤を強化する。一見強力な支配をひく、戦国大名の政策のようにも思えますが、能登畠山家ではちょっと違います。下向した理由は「将軍に嫌われて京都に戻れなかった」という理由があり、室町幕府の体制を頼りにする守護大名的側面を持っていたのです。さらに、大名が在国するようになっても、「守護−守護代」体制を維持して、強力な大名直接支配を行いませんでした(この体制は、9代畠山義綱のときに打破されます)。また、能登畠山氏には大名直轄軍の存在がありませんでした。つまり畠山氏は、家臣の軍事力で国を防衛していたのです。これが能登畠山氏の守護大名的名側面を強く表していると言えるでしょう。これでは、強力な支配体制をつくるのは難しいですよね。軍事力が家臣に握られているわけですから、大名が強い態度で家臣に命令することはなかなかできないのです。その意味では、守護に強大な権力を与えて成り立ち、将軍の力が弱くならざるを得なかった室町幕府のシステムと似ています。この守護大名的な政治システムは、安定した治世を築き上げたとされる7代畠山義総ですら打開できなかったのです。どれだけ守護大名が家臣とのバランスを取って政権運営をしていたのかわかりますね。なるほど、守護大名が戦国大名になって成功するケース(江戸時代まで滅亡しない)が少なかったのも納得がいく気がしますね。

 そして、次に戦国大名的側面を見ていきましょう。企業でも学校でもその組織体制を変えようとするのはなかなか大変ですよね。正しいことをしようと思っても、それに反発する人は絶対にいます。政治なんかも良い例ですね。某有名刑事ドラマ「踊る大捜○線」でいかりや長介さんが「正しいことしたけりゃ偉くなりな。」と言ってたけど、それが通用するのは、法の下の平等が通用する現代ならでは。戦国時代では、例え偉くても正しいこと、やりたいことはできないんです。さて、能登畠山氏の戦国大名への胎動が始まったのは9代畠山義綱の時です。義綱の父義続の時、重臣達が合議で領国運営をする「畠山七人衆」という制度をスタートさせ、大名の影響力は無くなっちゃいました。しかし、9代義綱は、七人衆の紛争を利用して大名の影響力を奪回します。それが、弘治の内乱をきっかけとした、「義綱専制」を確立した時期です。この時期に義綱は大名親政を実施する為に数々の政策を実行しますが、その改革は志し半ばにして挫折します。1566年、永禄九年の政変にて義綱・義続父子が能登を追放されてしまうのです。大名と重臣という微妙な権力バランスを保ったまま大名権力の強化を行うのはある意味矛盾を抱えています。それが、一挙に噴出したのが、この永禄九年の政変なのです。この矛盾克服しなければ戦国大名への脱皮はあり得ないわけですが、それがなかなか難しい。全国の多くの守護大名が没落していった点はこの矛盾を克服できなかったことがひとつの要因です。畠山義綱はこれを積極的に打開しようとした戦国大名的守護大名であったと言えます。

(4)某歴史シミュレーションゲームでもお馴染み、あの畠山の家臣はいかに?

初級能登MAP

 それでは、次に主な能登の勢力を見ていきましょう。某歴史シミュレーションゲームでも同じみの長家は、16世紀までは、能登畠山氏の家臣とならずに将軍直属の武士として半独立を保っていました。その勢力範囲は、主に奥能登穴水です。それから、在地の武士でありながらかなり早くから能登畠山家に取り入って勢力を広げたのが、輪島の温井氏です。当時幕府の有力者への贈り物によくつかわれた輪島の素麺はこの時期温井氏が産業育成をして、開発したものらしいので、かなりの力があったことが伺えますね。それから、能登畠山氏が奥能登に勢力を確保する意味で1474年に能登畠山氏の庶流として創設した松波畠山家がいます(上記地図参照)。
 さて、上記地図を見て不思議に思う方もいるでしょう。なんと守護代である遊佐氏の所領が見えないのです。珠洲郡や能登島にも少し所領があるようですが、長氏や温井氏のような大規模な所領はみつからないばかりか、さらには、遊佐氏の居城さえ見当たらないのです。ご存知の方も多いかもしれませんが、能登畠山家晩年に登場する「遊佐続光」という人物、かなり悪評の高い人物とされています。主君を暗殺したり、長家を斬殺して、七尾城を上杉謙信に明渡したりと・・・。まあそれは遊佐家と敵対した長家が幕末まで存続したので、自家の歴史を彩る為のウソかもしれません。ともかく、今でも能登の人々は遊佐氏のことをあまり良く思っていないらしく、そのあたりに遊佐氏関連の史跡や古文書などが残っていない理由が隠されているのではないでしょうか。

(5)中世能登は実は都会だった!?
 現代の能登に行ったことがみなさんはありますか。加賀100万石で有名であり、金箔の生産地、兼六園、忍者寺など様々な歴史的な建築物が金沢がある石川県加賀地方には存在します。しかし、同じ石川県である能登地方はガイドブックにもそれほどページを割かれてはいませんし、観光と言えば雄大な自然ばかりです。人口も広大な能登地方の割には全体でも20万人ほどしかなく、さらに人口が減る過疎化が進行しています。まさに現代の能登は辺境といえます。
 では、中世の能登の辺境だったのか?というと、実はかなりの誤解です。中世能登は交通の要所で相当の都会でした。その理由は能登が「半島」という点でした。車も飛行機も電車もない戦国時代、物を輸送する主力は…馬ではありません。馬や人では荷物を運ぶ量にも距離にも限界があります。当然馬も人も、生き物ですから「疲れる」わけです。ですので、中世の輸送の主力は、なんといっても「船」なんです。水の力で早く運べる。水の浮力で大量の荷物を運べる。つまり、川や海は現在の高速道路のような役割をしていたわけです。新潟(越後)で有名な戦国大名と言えば上杉謙信。その越後上杉家は京都に特産物を運んで儲けたのですが、当然その船のルートは日本海を取って若狭湾へ。若狭湾から琵琶湖を経由して京都へ、というものでした。この当時の船は、現代のタンカーのような大きなものはないので、漁船程度の大きさです。越後の特産物をたくさん積荷として載せれば、食料や水は多くは積めません。そこで、沿岸の町で頻繁に補給する必要があります。高速道路ならSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)のような場所です。日本海の沿岸には「三津七湊」(さんしんしちそう)と呼ばれる10箇所の大きな港がありました。安濃津(伊勢)、宇津(博多)、境津(堺)と、七湊は三国(越前)、本吉(加賀)、岩瀬(越中)、直江津(越後)、秋田(出羽)、十三湊(津軽)、小屋湊(能登輪島)の10箇所です。ね、能登は日本海会場ルートの主要なSAだったのです。だからこそ、能登輪島は港町として相当栄えたのです。その他にも能登にはたくさんの港町がありました。それはなぜか。「半島」だからです。ん!?わからない?ではお答えしましょう。この時代の船は荒波や難破を避けるために陸の沿岸を航海していたと言われます。能登は半島ゆえ、周りはほとんど海で囲まれています。能登の沿岸を回ろうとするととても時間がかかります。だからこそ、小さな船では最低でも能登で一箇所は補給をしなければなりません。つまり日本海を通る船は、必ず能登で寄港し、補給するのでお金を能登で使うことになります。だからこそ、能登の港町は儲けが大きかったのです。そのため、能登の港町は発達し、農業生産が低くても(太閤検地で能登の石高はたかだか20万石強しかない)庶民の経済力はかなりあったのです。
 そんな日本海海上交通の要所である能登を支配する能登畠山氏は、経済的にも恵まれていたと言うことができます。
※詳しくは不定期特集「能登の国力」参照

(6)上杉謙信でも実力で攻略できなかった七尾城

初級講座七尾城
七尾城の調度丸付近に残る石垣)

 七尾城は日本の五大山城(七尾城の他は、春日山城(新潟県・上杉氏)、小谷城(滋賀県・浅井氏、観音寺城(滋賀県・六角氏)、月山富田城(島根県・尼子氏)です)に入るほど堅固な城だと言われています。あの越後の龍・上杉謙信が2年かかっても実力で落とせず、結局能登畠山家内部の裏切りを誘って開城させたほどです。ではなぜ、これほどまでに堅固な城になったのでしょう?
 皆さんはお城と言うとどのような城を想像しますか?だいたい、城といえば、江戸城・姫路城・大阪城といった壮大な天守閣をもつ江戸時代的な(近世的な)城を想像するのではないでしょうか?七尾城は姫路城のような立派な天守閣はありません。おそらく綺麗に石垣で作られた堀も櫓もなかったと思います。それは、七尾城が中世の山城だからです。上の七尾城跡の写真を見ていただければわかる通り、七尾城は山の中に作られています。つまり、山全体が城になっている天然の要塞を、さらに防御力を高めて改良したのが七尾城であるといえます(百聞は一見にしかず。ぜひ七尾城を歩いて登ることをお勧めします。七尾城史資料館から徒歩で本丸まで1時間ほどかかりますが、七尾城の堅固を実感していただくには、一番良い方法だと思います)。
 さて、そんな堅固な七尾城はいつ出来たのでしょう?これは正確なことはわかっていません。初代当主満慶が築城したとも言われていますが、とにかくその時の守護の居館は七尾城ではなく、七尾府中から西の場所にあった守護所に居館がありました。つまり、七尾城は普段から住んでいる場所ではなく、攻められたときの緊急避難としての砦の役割でした。そんな七尾城の役割に変化が訪れるのが7代当主義総の頃です。次第に改良・改修されていき、当主・義総が七尾城の城内に住むようになり、それにつられて城下町も七尾城の麓に引っ越してきます。普通は山城といえば、城下町と離れた所に位置し、商業流通から隔離され、次第に城下町に近い平城を新たに作る、というのが当時の大名の流行でしたが、畠山家の場合、見事山城と城下町を一緒にすることを実現したのです。さらに、元からあった能登七尾府中の町も町として存続して共存することになります(詳しくは都市としての「中世七尾都市圏」の発展参照)。そして、戦乱の波が能登にも押し寄せてくるようになると、七尾城は一層防衛上改修され堅固な城になっていきます。この頃にやっと七尾城は五大山城と言われる地位を確立したのでしょう。9代当主は七尾城の改修をみて上杉謙信に「当城いよいよ堅固に候」と手紙を送っています。よっぽど七尾城が堅固になって嬉しかったのでしょうか?それとも自慢したかった?まあ、その手紙を受け取った上杉謙信が、堅固な七尾城を相手に苦戦するのは歴史の皮肉としか言い様がありませんね(笑)

七尾城をバーチャル(写真)で登城体験してみよう!
バーチャル登城体験-七尾城-はこちらからどうぞ。

むすびに

 以上カンタンに能登畠山家の政治の動きだけを追ってきました。あまり深い事象には深入りしないようまとめたつもりですが、それでもほとんど政治史しか紹介することができませんでした。まあ、このように能登畠山家の170年の歴史は実に多彩なのです。ぜひ、皆さんも能登畠山家について、1度調べてみてください。きっとそこには魅力がいっぱいあると思います。当ホームページがその一助となれば幸いです。それでは最後に当ホームページの内容の御案内をして「初級畠山家講座〜これであなたも能登畠山通になれる〜」を終了したいと思います。皆さんお疲れ様でした。

<当ホームページコンテンツの御案内>

「能州法度之次第」
 まず初めに、当ホームページ御利用案内をご覧下さい。当ホームページを御利用するにあたっての連絡事項や注意事項が記載されています。当ホームページに初めていらした方は、必ずお読み下さい。
「能登畠山家関連人物特集」
 主な畠山家の武将達の軌跡を詳細に紹介しております。当主に関しては初代から12代当主まで全員の特集が、また家臣については特に畠山晩年の武将を中心に解説しております。
「能登畠山家武将総覧」
 筆者が知っている限りの武将を「あいうえお順」に並べて簡単に紹介しております。畠山家の武将を調べたい場合には、まずこちらを御利用下さい。
「畠山家合戦記録」
 能登畠山家に関する主な合戦はすべて収録済みです。敵味方の陣容から合戦の経過、原因、合戦の与えた影響までを詳説に解説しております。
「不定期特集」
 能登畠山家の人物、政局、外交、地域・文化などなどをトピックスとして考察しています。能登畠山家に降りかかった大事件やその実態などを最新の研究などを踏まえて詳説します。
「能登の城」
 文字通り、能登に存在した城について解説するコンテンツです。もし、能登のお城に関する情報がございましたら、管理人@畠山義綱までお知らせ頂ければ幸いです。
「ゲームに関する特集」
 ゲームにおける能登畠山家の扱いについて紹介・検証します。主に信長の野望シリーズや太閤立志伝シリーズを掲載しております。
「義綱奮戦記〜混乱の能登〜」
 管理人@畠山義綱が自ら執筆した「畠山義綱」を主人公とするオリジナル小説です。できるだけ史実に近づけるよう書きました。「畠山義綱」という人物を、身近に感じていただければ幸いです。
「能登畠山氏のよくある質問」
 能登畠山氏に関してよくある質問を一覧にまとめてみました。

BACK


Copyright:2009 by yoshitsuna hatakeyama -All Rights Reserved-
contents & HTML:yoshitsuna hatakeyama