my profile
〜管理人・畠山義綱の紹介〜

畠山義綱イメージ画
史実「畠山義綱」のイメージ画
管理人@畠山義綱はこんなにカッコよくはない。
(↑「信長の野望戦国群雄伝」の畠山義綱を参考に作成)

管理人@畠山義綱はこんな人
人物名
(ハンドルネーム)
畠山義綱(はたけやまよしつな)
役職 能登守護、現在は重臣に能登を追放されてその職を全うできていない。
官職 修理大夫、御相伴衆
性別
連絡先 e-mail:nanaoline@gmail.com
掲示板:七尾城掲示板
尊敬する人物 畠山義総(能登畠山家第7代当主)
上杉治憲(第9代米沢藩主)
松平容保(第9代会津藩主)
小栗忠順(江戸幕府勘定奉行 等)
歴史の範囲 得意分野は日本史全般。
●奈良時代:平城宮跡に魅かれる(「平城京遷都1300年祭」で奈良時代にも興味広がる)
●鎌倉時代:鎌倉将軍に興味有(源実朝・藤原頼経)
●室町時代:守護大名に全般に興味有
●室町時代:足利家に興味有(将軍家・古河公方・堀越公方)
●江戸時代:徳川将軍に興味有(佐幕派、幕権強化)
●明治時代:大日本帝国憲法とその仕組みについて興味有
●大正時代:「憲政の常道」について興味有
●昭和時代:軍部の独走と翼賛政治について興味有
 ※戦前の歴史についてはブログで少々語っています(経済学部史学科のブログ
●マイナーな歴史大好き。メジャーな人物は苦手。
●好きな史跡
七尾城・松波城・冨樫館・一乗谷朝倉史跡・湯築城・根城・高根城・高梨館・金山城・江戸城・姫路城・浜松城など。
※まだ発掘調査されぬ七尾城に思いを馳せる。
専攻分野 経済学部出身なのに、なぜか史学科の学生のように勉強してました。
ゲーム歴 ★所有ゲーム機:3DS、Wii、DS、3DS、N64、SFC、FC、SS、PS2、PS3、PS4、MD、GB
★歴史系、ビジネス系のシミュレーションが好き。
●信長の野望シリーズ・プレイ歴(無論、能登畠山以外のプレーはない!)
 (全国版・戦国群雄伝・武将風雲録・覇王伝・天翔記・蒼天録、DS2、革新、天道、創造)
●維新の嵐(佐幕派・松平容保でプレー)
●提督の決断、太閤立志伝、水滸伝、元朝秘史は面白かった。
●経営系のゲーム
 (エアマネジメント、トップマネジメント2、リーディングカンパニー)
●シムシティー(SFC版・シムシティー2000・DS、DS2)
●ドラクエシリーズ(1・2・3・4・5・6・7・8・9・11・BD1)
●逆転裁判シリーズ(1・2・3・4・5・6と大逆転裁判1・2も)
●クロノトリガーやテイルズオブファンタジアもいいけど、他のシリーズはやっていない。
●龍が如くシリーズ(1・2・3・4・5・6)
●最高なゲームはやっぱりSS版の「イヴバーストエラー」が好き。
●レトロゲームだと「ファイナルファイト」AC版が好き。
スポーツ ●野球:好きな球団は「東京ヤクルトスワローズ」。
・小学2年の頃から激しく応援(笑)
・2002年に引退した池山の大ファン!
・現役選手は、山田・大引・青木が好き。
・関根監督・野村監督・若松監督・古田PM、小川監督時代が特に好き。
 ※2018年小川監督復帰で少しずつ成績も上向き!
今1番欲しいもの ●復元した「七尾城」。そこの復元史跡の館長やりたいな。
●能登畠山家の研究本を刊行したい(『能登畠山一族』など)。
●能登でフィールドワークに2018年行きます!(現地調査)
●宝くじいつのまに7億円になった?あっ!?買い忘れた…。
趣味 ●歴史を調べる事(史跡・資料館を廻る&歴史書を読む事)
猫と触れ合う(愛猫「たっち」との思い出に浸る、愛猫「めい」とじゃれる)
愛車のスターレット「能登号」は2015年に引退…。
●PC関係そんなに強くないのに、職場で管理を任せられる…勉強しなきゃ…
鉄道関係(201系中央線引退(泣)グッズを買いまくる…)
経済関係(経済連携の枠組みで国際社会がどう変わるか?仮想通過の今後予想など)
●そろそろ中国地方へ行きたいな。山陽?山陰?
一言 信長の野望・大志の『武将ファイル』はもうでないのかな?

ハンドルネーム「畠山義綱」について ハンドルネーム「畠山義綱」の誕生秘話〜
ファミコン版「信長の野望・戦国群雄伝」の顔グラフィックから(笑)
 「畠山義綱」というハンドルネームの名乗りは、ファミコン版「信長の野望・戦国群雄伝」に起因します。畠山義綱の肖像画は残存していないのですが、このゲームでのグラフィックは上記イメージ画像のようにカッコいいのです(「信長の野望・戦国群雄伝」を参考にして作成しました)。同ゲームでは浅井長政と並んで美男子武将でした。「戦国群雄伝」を買い攻略本を見ながらどの大名でプレイしようと悩んだ私が、顔グラフィックを見て思わずこのカッコ良さに「畠山義綱」を選択しました。以来何かに取り付かれたかのごとく私は「能登畠山氏」が気になりだしました(ゲームでも畠山家以外での大名ではプレイしない)。それから、ゲームが高じて能登の戦国史を調べるようになりました。そして1998(平成10)年夏に能登の戦国サイト「能登のぉと」と出会い、連絡を取って能登の歴史についてお話ししたいと管理人の「遊佐きむち」氏にメールを送ることにしました。しかし、当時は初めての初対面の方に送るメール。本名を名乗るは抵抗がありました。しかし、名乗らずメールを送るのも失礼だと考えました。だったら一番好きな武将「畠山義綱」を名乗ろうと思いました。オフ会では「畠山さん」と呼ばれますが、「歴史友達」に言われる機会も多くありまして、全然抵抗がなくなりました。

なぜ能登の歴史にこだわるのか
今は歴史を離れても能登が大好き。そして石川県の歴史も大好き。
 歴史なんて興味がなかった小学校2年生の時、うちの父親が自分がやるゲームとして買ってきたのが「信長の野望・戦国群雄伝」だったのです。何気にこのゲームをやってみるととても面白くハマリました。それが縁でだんだんと歴史に興味を持つようになりました。ところで、私は七尾に生まれたわけでも育ったわけでもありません。でも「畠山義綱」でゲームをした縁で能登の歴史に興味を持ちました。何回も能登や石川県の史跡・資料館・博物館・図書館廻りをしていくうちに、段々石川県の全体が好きになりました(石川県にIターン就職してもいいと思ったほど)。「能登はやさしや土までも」、都心では失われた人間関係が能登には残っています。失われた日本の原風景を能登で感じることができます。そしてその旅行したい衝動は能登→石川県→北陸→日本→世界と広がってきました。そして日本の歴史自体がとても大好きになりました。能登が私を成長させてくれました。「能登」ありがとう!


BACK

加賀冨樫氏野々市の歴史へ行く!


Copyright:2018 by yoshitsuna hatakeyama -All Rights Reserved-
contents & HTML:yoshitsuna hatakeyama