第壱章「能登の風雲児誕生」

1、生誕

 室町幕府の権威は弱まり、思い思いの大名が実力で世の中を支配し、己の領国を広げる。そんな時代を後世の人々は“戦国時代”と読んだ。そんな時代ではあるが能登では下剋上なんて微塵も感じさせないほど平和な日々が続いていた。時の国主である能登畠山家七代当主・畠山義総は知勇兼備の良将で、その治世の下、巧みな統治で城下・七尾は全盛期を迎えていたのである。そんなさなかの天文四年(1535年)の良く晴れたある日のことである。義総の後継者である嫡子・義続は七尾城のある部屋の前でそわそわしていた。
「う〜む…。まだかのぅ〜…。」
「義続様〜!待望の御嫡男誕生でございます。」
義続は家来の言葉に胸を撫で下ろした。
「なんと賢そうな、お顔ですこと!」
とある産婆が言った。産まれた子は目鼻立ちもよく、確かに賢そうな子であった。
後に晩年の能登畠山を立て直すべく奔走する能登の風雲児。九代当主となる畠山義綱の生誕である。
「よし、この子の名は先例に習って幼名を次郎と名付けよう」
義続は誇らしげに言った。

 次郎とは当主・義総の幼名(仮名)であった。次郎こと義総は能登畠山家当主となるといち早く政情を安定化させ、能登に繁栄をもたらした。その偉業を讃えて、以後、能登畠山家の嫡男の幼名は次郎とすることにしたのである。ただ、義続の幼名は次郎ではなかった。というのも義続は義総の次男で、嫡男・次郎義繁は天文二年(1533年)に早世した。それゆえ、義続は「次郎」ではなかったが、早くから能登畠山家の後継者として認められていたのである。
「うむ。この子は御屋形様に似て良い目をしておる。将来が楽しみだ。」
父、義続は満足そうに言ったのであった。


2、別離

 次郎(後の義綱)は非常に病弱であった。ことあるごとに病気を煩い義総を心配させた。義総は嫡子・義繁を早くに亡くしているため、孫の次郎への可愛がりは人一倍あり溺愛していた。また次郎もそんな義総の側にいつもいた。義総が次郎を愛しているのと同じように次郎もまた、祖父義総が好きであったのである。それゆえ、義総の文芸に興じる姿を見てそのうち「自分でもやってみたいな。」と常々思っていた。しかし、内気で病弱な次郎はなかなか言い出せず、猫可愛がりされる日々が続いた。そんな少年時代の天文十年(1540年)次郎五歳のある日のことである。
「わしも御祖父様のように、『源氏物語』が読んでみたい!」と次郎が言った。
「いくらなんでも若にはまだ早すぎでございます。」
と家来に笑われたが、以前より興味ひかれていた次郎はそれでめげない。さっそく別の家来に七尾城書庫の三万棹もある書物のなかから天文六年に義総が三条西実隆から譲ってもらいとても大事にしていた『源氏物語』を持ってこさせた。そしてそれを義総や父・義続に内緒で読むのが日課となり、次郎はだんだん文芸に関心を持つようになってきた。歴代の能登畠山家当主は文芸を好んでいたゆえ、能登の文化的全盛期を迎えた当時にあって次郎が文芸に興味を持ったのは当然とも言える。次郎は『源氏物語』を突破口に次々と本を読みあさり、ますます文芸に関心を持っていった。
 しかし、そんな次郎も剣術・馬術・槍術など実践を伴う稽古には熱心でなかった。祖父や父同様、礼法としての馬術はこなせても、実践としての馬術などは嫌がったのである。能登畠山家は守護大名の家柄でありもともと武芸に熱心でなかった。それゆえ、それが次郎にも悪影響を与えてしまったといえるであろう。さらに、次郎は元来病弱であったため、それを利用して実践馬術や剣術の武芸の稽古には病気を理由によく休み、さらに下手になってしまった。

 その後も次郎は武芸に関心を示さず、ひたすら文芸・勉学に打ち込む毎日が続いた。しかし、次郎が勉学に関心を持ち積極的に学ぶ姿を見てなにより喜んだのは祖父の義総であった。
(義続は最後の詰めがどうも甘いのが気になる。これでは、私の時代に権力を抑え込んだ者が巻き返そうと乱を起こすやもしれぬ。ともすれば、義続が代に能登畠山家は荒れるかもしれぬ。その一方で、孫の次郎は何事にも興味を持たせ、執拗に理由を追求する姿勢を学ばせたつもりである。次郎なら私の跡を立派に継いでくれるに違いない。)
義総は、そう思って次郎の教育に情熱を注いでいたのである。また、義総は次郎が病気にかかった時には能登国内外から名医を呼んで看病をさせ治療した。まさに、目に入れても痛くないほどの溺愛ぶりであり、それだけ次郎に期待していたのである。
「次郎。これをみるがよい。何だかわかるか。」
「うわ〜光ってる。お祖父様、これはなぁに?」
「これは金じゃ。甲州から採れた金を加工したものである。次郎も欲しいか?」
「欲しい〜な」
「人はこの金の光る魅力にとりつかれて、みな欲しがる。この金と言うものは山で採れるが、これを能登で採れたら良いと思わんか。わしは今羽咋の宝達山(ほうだつさん)で金を採れるかどうか探させておる。」
「金は山で採れるのか。能登で採れるといいなあ。」
「そうじゃな。ゆるりと朗報を待つこととしようか。」

 しかし、そんな義総も天文十三年(1544年)になると、病に伏すことが多くなった。それゆえ、父・義続が政治を代わって行っていたのである。そして、次郎が十歳になった天文十四年(1545年)七月十二日、義総は死去した。病気がちであったとは七月初めには快方に向かっていたところであった。それが、突如様態が悪くなり死を迎えたのである。この唐突な死に家督移譲の準備もままならなかった。そしてこの義総の死に一番慌てたのは、なんと管領家である河内の畠山氏であった。義総の死去の一ヶ月前の六月に河内畠山家の当主畠山稙長から直々に義続に家督を継がせたいとの書簡が届いていたのである。稙長は義続のことを非常に信頼していた。それは、義続が義総の代行している時期に管領畠山家の分国・越中で神保長職と椎名長常の間で乱が起こった。この越中大乱に対して、稙長は同族である能登畠山家に仲裁を依頼した。義続は見事仲裁して解決させて後、「越中に対していたく心配をなさったか、お察し申し上げます。今後とも何かあればいつでもお申し付け下さい。」という書簡を稙長に送ったのである。さらに、六角氏や本願寺などの義続の噂も評判のいいもので、義続という人物にかなりの好感をもっていたのである。そのため、内乱が続く河内畠山氏の家督に義続を据えこの危機を乗り越そうと画策したのであった。しかし、この計画は稙長の独断であり、稙長の弟である政国の処遇など家督問題は河内畠山氏家中でもひと騒動になっていた。
 それゆえ、河内畠山家と能登畠山家で色々とこの問題を協議しているうちに月日が経ち、七月になると義総の容体が急変してしまったのである。それに伴ない義続が能登畠山家の家督を継ぐこととなり、河内畠山家の相続は実現しなかった。この騒動のため能登畠山家では義続への家督継承の準備もままならないまま相続が行われたのである。
 次郎は祖父との突然の別離(わかれ)の悲しみのあまり部屋に閉じこもりきりとなり周囲を心配させた。義続の説得により次郎は一週間後には外に出たが、もともと内気だった次郎はこれをきっかけにますます内気なってしまった。畠山家の家臣達は次郎の姿を見て「いくら次郎様が賢いと言っても、臆病者では戦国乱世の当主は勤まらぬ。義総様が居なくなった今、畠山家もどうなるかわかないぞ。」といった言葉も聞こえるようになった。


3、出会い

 義続は家督を相続した翌年、能登一国に徳政令を発した。徳政令は借金の帳消しにするものである。多くの人物の財産や流通などに関わるものであるから、それを行うには強大な権力が必要であった。歴史をみていくと、越後の上杉氏や相模北条氏も同様に徳政令を発している。義続も徳政令を実行することで、自らの国主就任を高らかに宣言しておきたかったのだ。さらに、内外に自己の権力を示し家臣の統制にも利用しようと考えていた。
(父・義総公が築いたこの安定…なんとか崩さないようにしなくては…)
しかし、義続の考えとは反対に能登畠山家は不安定な方に流されていくのであった。それと同時に能登の空も徐々に曇がかかっていった。

 まず、天文十六年閏七月。先代義総に能登を追放された義続の伯父畠山駿河らが復帰をかけて加賀一向一揆の支援を受け乱入した。これに対し義続は、婚姻関係にある六角定頼や幕府管領・細川氏綱を介して本願寺へ駿河への支援停止圧力をかけるとともに、同月七日駿河軍と押水で交戦した。世に言う押水の合戦である。畠山軍は苦戦を重ねたが、重臣・温井総貞らの働きでなんとか敵を撃退することができた。この合戦で温井備中守総貞が家中の実力者として台頭してきた。その一方で、義総政権時代に政権の中枢から遠ざけられていた遊佐嫡家が徐々に力を取り戻してきた。遊佐嫡家の当主・遊佐美作守続光は虎視眈々と家中の実力者の座を狙っていたのである。こうして、総貞と続光の対立は深まっていったのである。
 そんな権力闘争が繰り広げられているさなか、次郎は祖父義総の死去以来ずっと暗くふさぎ込んでいた。それを見かねた義続は良い話相手になればと、老臣・飯川半隠岐斎宗春の孫である飯川光誠を次郎の遊び相手兼教育係に任じた。それが次郎の生涯にわたるまで忠誠を尽くす家臣となる者の出会いとは、この時には考えもしなかっただろう。

光誠は次郎のことを温かく見守りつつも、色々なことに挑戦させた。それはまるで、義総が次郎を育てるような感じであった。最初はいぶかしがっていた次郎も、そんな光誠に魅かれて徐々に心を開いていったのである。
「若。勉学だけでは戦乱の能登は治められませぬぞ。」
「光誠。わしは武芸の稽古は嫌じゃ。」
「では、兵法の勉学などいかがかな。」
「兵法とはなんぞや?光誠。」
「兵法とは戦の方法・作戦を学ぶものにございます。当主なれば剣術の稽古も必要ではありますが、戦闘を指揮する力が必要でございまする。戦国の世は多勢に無勢。ならば剣術よりも兵法を学ぶことが得策かと存じます。この将棋盤に乗せた手勢を使って拙と勝負いたしませぬか?」
「…ふーん。まあ…やってみても、いいかな。」
………
「さて、この足軽部隊はどう動かすべきか。…よしっ。」
「若。これでよろしいのですね。それでは拙はこう動かしましょう。」
「むむっ。もう打つ手が無いか。…これ光誠、もう一戦、もう一戦じゃ!」
「もう一戦ですね。では、詰めに入る前に戦の秘策を教えましょう。まずは、戦は全体を見通すことです。目の前の足軽だけを見てはいけませぬ。なぜかと言うと…」
こうして光誠の奨めで次郎は兵法を学ぶようになった。光誠の巧みな接し方で、次郎は戦や軍事のことにも興味を持つきっかけができたのである。相変わらず次郎は度々病に伏し父義続を心配させたが、徐々に兵法を始めとする武芸に興味を持ち始め、次第に馬術などでも礼法面だけでなく、実践的な面や槍術・弓道にも興味を持っていった。しかし、次郎は自分がそれらを出来るようにする事でなく、どのように戦うのかという事に興味を持っていったのである。兵法を学ぶ上で実際の槍術・弓道・馬術を知ることは欠かせない。それが次郎の興味を後押ししたと言える。そして、こうした武芸を少しずつこなせる事により、若干ではあるが次郎の身体も健康になってきたのである。

 そんな次郎が十四歳の天文十八年(1549年)。義続は次郎を自らの後継者として元服させることにした。家中には病弱な次郎を後継者にするより次郎の弟を後継者にと推す者もあったが、義続と光誠の強力な推薦により次郎は元服し、義綱を名乗った。折しも重臣・温井と遊佐の抗争が激化し軍事抗争にまで発展しそうな気配をみせた年であった。


4、乱への入口

「殿は私と(遊佐)美作守(続光)とどちらの意見が正しいと判断なされるのですか?」
義続は毎日毎日温井備中守総貞にこのように問いただされていた。
「それはだな……総貞の言い分はもっともである…。しかし、続光の言い分のわからぬでもないぞ。両者仲良うすれば良いではないか。」
「しかしながら、殿。美作守は自領の領民を圧迫しており、残虐非道な行為を繰り返しているとのもっぱらの噂。あまりに噂が広がると、能登畠山家の威信にも関わりかねませぬ。早めの処罰が必要かと存じます。」
「総貞、そちも噂で人を責めるでない。ここは両者の言い分を聞かぬと判断できぬ…。もう下がってよいぞ。」
そう言われて今日も唇を噛み締めた総貞は考えていた。
(義総様は聡明な方だった。だからこそ、私の野心をすぐに察したので大胆な行動は控えざるを得なかった。しかし義続様は違う。同じように私のことを警戒してもどこか組しやすい。能登での温井の覇権を確立には、義続様を我が陣営に取り込むことが必要だ。遊佐続光討伐への大義名分を得るて破るのだ。その準備ができるまではしばし時間がかかるやもしれない。)

 しかし、温井と遊佐の対立は深まる一方で、天文十九年(1550年)十月にとうとう軍事抗争にまで発展した。理由は些細なことであった。評定の際に続光の登城が些か遅れたのを総貞が激しく批難し、それに対して双方が挙兵したのである。そう、きっかけなんてなんでも良かったに違いない。とにかく公然と言い争って、勝負をつける場面を欲していたのである。義続は最初個人間の闘争ということで中立の立場を取り和平を斡旋していた。しかし、温井勢が七尾城まで逃げ込んだことで抗争が七尾城まで及び、遊佐勢の雑兵が七尾城に火を放ってしまったのである。急いで飯川の家臣が火を消化したが七尾城の書庫の一部が火災の被害に遭い、貴重な書物が一部消失してしまった。これに衝撃を受けたのが義綱である。貴重な本や祖父義総と楽しく読んだ思い出のある本が消失したことを痛く悲む義綱の姿を見た義続は激怒し、総貞と共に遊佐勢を攻撃することになったのである。

「備中守(総貞)。こたびの合戦のために七尾城下に矢銭を課す。一同に触れ伝えよ。」
「殿。お待ちくだされ。5年前には大規模な徳政令が出て商人らはかなりの損がでている様子。さらにその回復途中に大規模な矢銭を課せば城下の者の怒りが主家にも及びかねませぬ。」
「七尾城の書庫まで焼けたのだ。義綱も気を落としておる。戦費は矢銭でまかない、城の整備にも当てる。」
「殿。ご再考を…。」
「うるさい。決めたとじゃ。触れを伝えよ。」
「……御意。」


 こうして本格的に遊佐勢と対立した畠山勢は、翌天文二十年一月中旬には反撃し戦闘を小康状態とさせた。そして総貞・続光両氏を七尾城中に呼び寄せ無理矢理和平させた。この時の温井と遊佐の争いを「能登天文の内乱」と呼ぶ。この内乱の戦後処理として、遊佐続光に対し七尾城放火の罪に対して謝罪させ、さらに七尾城にまで火災が及んだ責任から、温井総貞、遊佐四右、遊佐信州(後の宗円)、伊丹某が落髪して入道することになった。また、当主義続も大規模な矢銭を課し七尾城下が混乱となった責任もあり入道し、徳祐(とくゆう)と名乗った。しかし、この内乱も、新たなる乱への入口に過ぎなかった。

 面白くないのは入道して「紹春(しょうしゅん)」と名乗ることになった総貞である。義続が味方して戦った経緯から続光に厳重な処罰が下ること期待していたのである。運がよければ切腹、それでなくとも隠居になると思っていた。しかし、徳祐は二人に対して同じような処罰を課したのである。これを許せなかった紹春は、もう主家を頼りとせず自ら畠山家の乗っ取りを画策するようになっていくのである。それが現実味を帯びたのが天文二十年(1551年)春頃のことである。
 この年、畠山家中では重臣達が中心となって畠山七人衆を発足させた。呼び掛けは紹春である。名目は先の温井と遊佐の抗争の反省から、国政上重要な案件を重臣たちで平和的に話し合い領国運営をスムーズにしようというものであった。しかし畠山七人衆の実態は、国政の重要案件を大名決裁から七人衆決裁に変えるもので、大名権力を形骸化させる目的があったのである。紹春は長九郎左門衛尉続連、三宅筑前守総広、平加賀守総知、伊丹宗右衛門尉総堅、遊佐佐渡守宗円、遊佐美作守続連らを誘い、この七人の有力重臣で国政を合議のうえ運営していこうと誘った。しかし、紹春の他にはほんの一部の者しか知らない真意がこの七人衆体制には込められていた。
「ふん。所詮七人衆の合議体制は遊佐の牽制。温井と縁のある総広、続光と仲が悪い宗円の二人を味方につけた。あとは続連や、総知等を徐々に引き込んでやろうぞ。」
こうして国政の運営は重臣たちに奪われてしまった。
そんな中、同年末頃当主徳祐は密かに権力奪回の策を練っていた。
「うーむ。やはり七人衆の力は無視できない…。さすれば七人衆の牙城を崩すには分裂させるしかあるまい。なれば、形式ばった当主の仕事が面倒だ。それにこの作戦を実行するには当主という身分ではなく裏で暗躍できる立場でなくてはならぬ…。」
しばらく考えていた徳祐は思いたったように光誠に言った。
「わしは義綱に家督を譲ろうと思う。そこでわしが影で七人衆を裏で分裂に導くのじゃ。どうだ、光誠。」
「おやめくだされ!御屋形様の身に危険が及びまする。それにまだ御屋形様はお若い。隠遁するのは早ようございます。」
「ええい!わしが決めたことじゃから好きなようにさせい。光誠、義綱をここに呼ぶのじゃ。それから主な重臣たちを城中に至急集めよ。いいな。」
「・・・ははっ。仰せの通りに。」

−七尾城中−
「唐突のことではあるが、これより畠山家の家督を義綱に譲ることとする。」
徳祐の思わぬ発言に家臣達は最初戸惑いを見せた。
「御屋形様はまだ若こうございます。御再考を。」
と切実に義続の隠居を惜しむ者の声もあれば、重臣たちから形だけの惜しむ声も聞こえてきた。
光誠には重臣たちの気持ちが察知できる。幼少の当主なら組し易い。ゆえに自分たちの合議政治も一層やり易くなるだろうと踏んでいるのだ。しかし、光誠は義続の並々ならぬ意欲を感じて、これから恐ろしいことが起こることを感じずにはいられなかった。
(能登はしばらく戦乱に見舞われる事になるだろう。)
そう光誠は予感した。
「わしはもう出家した身である。剃髪してから、かねがね早いうちに義綱に家督を渡そうと考えていたのだ。義綱は評判どおりの秀才じゃ。大きくなればきっと立派な当主となるだろう。それまでは、わしが後見人となる。わしの決めたことである。明日から義綱が畠山家の当主である。」

こうしてその夜から家督相続に伴う祝宴が5日間連続で続いた。この祝宴では七尾城の侍女にいたるすべての者に酒と肴や郷土料理である松百寿司、鯛の吸い物など豪華な料理が振る舞われて皆上機嫌であった。そして、徳祐と並んで座る義綱の元に光誠が近くに座った。
「この度は、家督相続の儀、誠におめでとうございます。御屋形様の並はずれた能力は義総公の再来。御屋形様は徳祐様のお力添えがあればきっと立派な当主となりまする。きっと、先代の義総公のように能登の繁栄を築くことでしょう。」
と光誠は義綱の将来の事を案じて精一杯の祝儀を述べた。光誠の言葉に従うように、重臣たちも次々と祝いの言葉を述べたが、豪華な振る舞い料理での上機嫌に反して、この時誰一人として能登畠山家の未来を、明るく予想した者はいなかった。

5、能登之華

「もう酒はお止め下され。御屋形様はもう畠山家当主なのですぞ!」
光誠がきつい調子で義綱を諌めるが、義綱はいっこうに話を聞かず酒気に耽っていた。
「どうせ当主といえども家臣との朝食ではわしに意見を皆求めず、朝の談合には参加できず、やることと言えば昼からの客の接待のみ。」
「それも立派なご当主の仕事かと。」
「結局、父上や総貞らが話し合って政(まつりごと)をしているではないか!わしが自由にできることと言わば酒を飲むことくらいぞ!」
義綱は父徳祐(義続)から家督を継承したが、何一つ自分の思い通りにならなかった。持ち前の知識で政治に口を出そうとするが、
「若はまだ政の実情をご存知ありませんでしょう。ここは私のいう通りにして頂きとうございます。」そう言っていつも紹春(総貞)は義綱の口出しを阻むのである。
「これ紹春!わしは畠山家当主ぞ!」
「わかっておりまする。しかし、それがしたち重臣が政を担うのもひとえに若のためでござりまする。」
「!?」
「若にはもっと勉学に励んでもらいたいのです。それがしたちが政をすることにより、若は余計な事をする手間が省けまする。」
「紹春!わしは畠山家当主ぞ!若などと呼ぶな!」
義綱には総貞の真意がわかる。
(紹春はわしを何も知らない若造と思って馬鹿にしている!)
義綱は怒って紹春の部屋を後にするのだが、ここのところ義綱は非常に短気となっている。政治に口出しようとしても阻まれ、好きな読書をすると重臣たちの会議に形だけの出席を要求される。仕方がないので、大酒を食らっていると光誠が止めにかかる。当主となってから自分の思い通りなにひとついってない。これが正直な義綱の気持ちであれば、苛立ち短気になる事情もわかる。しかしだからといって短気に家臣を叱り付けたり、道理に合わない行動を取れば義綱が家中でどのような評価をされるのか…、それを紹春は望み、そして光誠は一番心配していたのである。

そんな義綱を見かねた光誠は後見役の徳祐にある計画を持ちかけた。
「義綱様は自尊心の強いお人でございます。ゆえにここは縁談をもって、義綱様のお心を落ち着けるのがよろしいかと存知まする。丁度、同盟国・六角家当主義賢殿に年頃の華(実名不詳・作者が便宜上つけた仮名)という娘がおります。華殿を我が義綱様正室に迎え入れてはいかがでしょうか。」
能登畠山家と六角氏の関係は七代義総の頃に始まる。当時、幕府に力があった六角氏に、本願寺との調停役をさせようと、義総の娘を六角義賢の正室・側室とした事から関係が深まったのである。
「うむ。妙案であるな。それに六角家との同盟関係強化も期待できるな。よし、さっそく六角家に使いを出そう。」
こうして六角家の華の輿入れ話は急速に進み、天文二十一年(1552年)七月二十五日、いよいよ輿入れの日となった。
華を連れた六角家一行はかなりの人数に及び、また貝桶の他、様々な嫁入道具を持って能登に入国した。そしてまた、畠山家側も派手な演出で輿入れを迎え入れた。当時は花嫁行列も大名の力を誇示するパフォーマンスであったのである。女佐の臣・楢崎石見守賢光が七尾城に入場するのが義綱の部屋からも見えた。

「むう。気が進まぬ。」と義綱がため息混じりに言った。
「御屋形様がうらやましゅうございます。」と少しふざけたような笑顔で光誠が話しかける。
「わしは気が進まない。父上はなぜこの縁談を急ぎまとめたのであろうか。真意がわからぬ。」
何事にも勘繰る義綱は考え込んでいた。しかし、まさか当の本人に所以があろうとはさすがの義綱でも気づかないであろうと光誠は思った。
「これからは奥方を大切にして、さらに政務に精を出さねばなりませんな。」と光誠は笑っていった。
「うむ・・・そうだな・・・」
「さて、御屋形様そろそろ奥方様も祝言の座敷に赴く頃。そろそろ参りませぬと行けませんね。」
「わかっておる!」
と少し義綱は照れてそう言った。この言葉を聞いて義綱は立ち直ることができると、この瞬間光誠は思った。事実、華が能登畠山家に嫁いて来ると、義綱の性格は以前の優しい義綱に戻っていた。夫婦仲は睦まじく、家臣の誰もが羨む理想の関係となっていった。それをみて安心したのは、光誠であろうか。それとも天の義総であろうか?
能登に嫁いだ華は、その名の通り、能登之華として、能登の未来に一筋の光をもたらそうとしていた。
その、能登の空はそろそろ朝を迎えようとしている。朝に待っているのは曇りの空であろうか、それとも晴天の空であろうか。

第弐章へ続く
目次へ戻る

BACK


小説を読んだ感想をぜひお聞かせ下さい!下記メールアドレスまで
Copyright:2018 by yoshitsuna hatakeyama -All Rights Reserved-
contents & HTML:yoshitsuna hatakeyama<nanaoline@gmail.com>