第八章「異国の冬」

1、下り坂

 永禄十二年(1569年)一月末、近江坂本に義胤軍が戻ると、能登入国作戦の失敗の責任を受けて飯川光誠は入道することになった。義胤は最大限努力してくれた光誠に
「光誠が出家する必要はまったく無い。むしろ私が出家しなくてはならないのに…」と慰留した。すると光誠は
「なにをおっしゃいますか義胤様。御屋形様は我々の結束の要であり柱でもあります。その義胤様が出家されてしまっては我が軍の士気に及びます。ここはどうか、私に責任を負わせてください。」
「……本当にすまぬ……。もっとわしがしっかりしておれば、光誠にこんな心配をかけることもなかったのに…。せめて入道しても私の側近くに仕え続けてくれ。よいな。」
「もちろんでございます!」
こうして、飯川光誠は出家して入道し、「宗玄」と名乗った。

 義胤はすぐにでも能登入国を再開するつもりであった。四月には曲直瀬一渓道三を通じて去年より接近を始めた織田信長との提携を模索した。道三は義胤の心情を理解し積極的に行動し、再三信長の元を訪れ義胤の能登入国を援助してくれるよう懇願した。しかし、巨大な勢力となった織田家を滅亡させんと信長は周囲を敵に囲まれており他勢力を支援する余裕などなかった。それゆえ道三の頼みも断わられてしまった。また、頼りの六角氏も信長に近江を追われ衰退の道を進んでいた。義胤軍は能登奪回計画の失敗により、まるで下り坂を転げ落ちるかの如く、武将も兵士も減りさらに士気も落ち、自分たちだけではすぐに入国作戦を実現できるほどの余力も残らないほどになってしまった。そんな中、義胤は坂本の仮館で春を迎えて暖かくなり桜が散るのを見て、淋しげにこう言った。
「この桜のように、私も能登の地を踏むことなく散ってゆくのだろうか…。」
すると飯川若狭入道宗玄が義胤を元気付けるよう言った。
「何をおっしゃいますか義胤様。残った諸将は皆、義胤様の能登帰還を信じております。義胤様自ら落ちこんでどうするのですか。」
義胤の暗かった顔は、無理に微笑んで宗玄に向かってこう言った。
「……冗談だ。心配するな宗玄。わしは能登奪還を諦めたわけでは無いぞ……。」
宗玄を心配させまいとする精一杯の義胤の強がりであった。また、それを宗玄もわかっていたので辛かった。

 それから、能登永光寺が密かにではあるが引き続き義胤方への援助してくれたので、義胤・宗玄を中心に第二次能登奪回計画の準備が細々と続けられた。しかし、義胤を取り巻く状況は悪化する一方であった。元亀二年(1571年)初頭には佐脇綱盛が離反して七尾に戻り義慶(次郎が元服して義慶となった)方に仕えた。元亀三年(1572年)には越後の上杉謙信も義胤方を見限って外交関係及び援助の停止を通告してきて、義慶方との連携を始めた。能登奪回計画に失敗してからというもの、まるで下り坂を勢いよく転げ落ちるがごとく、義胤にとって不運が続いたのである。
 そんな状況の中、義胤は改名したから運気が悪くなったのではないかと思い、義胤から初名の「義綱」に再改名した。徐々に義綱方の旗色が悪くなっていくのではあるが、義綱は捲土重来を期して宗玄とともに入国工作を進めた。しかし、すでに影が薄くなりつつある義綱方に振り向く者は少なかった。元亀四年(1573年)一月、義綱は宗玄の勧めで家臣の木田左京亮に、義綱当主時代反抗して越後に出奔していた飯川肥前守等三人の帰参を許すと言う名目で坂本来往を求めた。同年三月には三人の使者が「かならず義綱様の元に参ります」という手紙を持ってきたが、なかなか三人はやってこなかった。やはり、もはや覆うべくも無いくらい義綱の地位が衰退したことを懸念していたのだ。天正二年(1574年)になって義綱方に味方する越中一向一揆の越中瑞泉坊石見守の斡旋により、三人はやっと義綱の元に帰参し義綱体制は飯川一族を中心とする体制に再編成された。それでも能登を奪回できるだけの力はすでに無く、ただ時間だけが過ぎていった。
 その一方義慶方では、親織田信長の長氏を中心としたグループ(長派)、親上杉の遊佐氏を中心としたグループ(遊佐派)、親一向一揆の温井・三宅を中心としたグループ(温井・三宅派)らの重臣の路線争いが深刻化していた。その中で、上杉氏と一向一揆が提携していることから自然と遊佐派と温井・三宅派が団結し、畠山家中で最大派閥である長派に対抗するようになった。この政情不安定な中、天正ニ年(1574年)には十代当主・義慶が、天正四年(1576年)には十一代当主・義隆が謎の変死を遂げた。政争のために暗殺されたとの噂が家中に蔓延し、いよいよ畠山家は混乱し末期的状況を呈していた。

 そして天正四年(1576年)十月下旬。能登で長派が拡大したことによる上杉家の影響力低下を恐れた上杉謙信の能登侵攻が始まった。能登が謙信の支配下になると義綱の能登奪回の大義名分が無くなるため、義綱方は謙信に対し攻撃を止めるよう再三求めた。しかし謙信は、
「我々の目的は、能登畠山氏当主(義慶・義隆・春王丸)を蔑ろにする長氏等重臣層の糾弾のための出兵である。やむを得ない。」
との書簡を義綱に送り義綱の意向を全く無視した。結局天正五年(1577年)九月、義慶方の遊佐続光が上杉方に内通し七尾城を開城させたことにより七尾城は上杉方の手に落ち、能登畠山氏は名実ともに滅びてしまった。義綱は七尾城開城から約1ヶ月後、この知らせを坂本の仮館で小姓から聞いた。
(足利義昭様は織田信長によって京を追い出され三年も経つ。殊に信長の勢力は大きくいままでのように京都に戻り、幕府を再建する事は出来ないであろう。新しい時代が始まっているのだ。もう、古き時代の私は用無しというところだろうか・・・・。)

 義綱は天正五年(1577年)十二月、坂本にいる義綱の家臣を館に一同に集めた。
「皆もすでに知っている者も多くいるだろうが、上杉謙信によって九月に七尾城が落城させられた。我が畠山家は…滅亡したのだ…。同時に能登奪還という目標も失われた…。このような状況で、皆を私の下に留めておくことはできないと判断した。よって…誠に勝手ながら我が軍を本日を以って解散としたい…。異存のある者はいるか?」
館の中ではただ男達のすすり泣く音だけがこだました。
「本日を以って、我が軍は解散する。皆、本当に有難う。」
最後の最後まで義綱の下にいた者は権力拡大の計算だけで付き従ったのではない。義綱のその人間的魅力に引き寄せられて集まった者たちだ。義綱の最後の言葉が辛かった。しかし、これ以上主君・義綱に辛い思いはさせまいと「再起」という言葉を敢えて出さなかったのだ。このまま解散することが主君・義綱の荷を降ろす一番の方法だとみんなが知っていたからだ。そして、ほとんどの者が坂本を去っていった。しかし、義綱の下に残る者が数名…。
「義綱様?私はここに残ってもよろしいでしょうか?」と飯川宗玄が言う。
「物好きだな…。私は今や国もなく、無主の者。領地はおろか、禄(給料)さえ期待できぬぞ。」
「承知の上でございます。」
「…ならばよい。宗玄!私の下に生涯居てくれ!」
「御意。」

2、異国の冬

 天正六年(1578年)義綱は入道して徳栄(とくえい)と名乗り、近江坂本の居館で細々と暮らした。しかし、しばらくすると幼少の頃より徳栄の相手をし、忠誠を尽くしてくれた飯川若狭入道宗玄が亡くなった。
「宗玄…いや、光誠よ。お前と七尾城で過ごした日々が……懐かしい。時が経ったのだな…。お前と能登の政をもっともっとできればどんなに楽しかった事であろうか…。」
光誠の死に際は非常に穏やかであった。最後まで義綱(徳栄)に従い、そして死んでいったからであろうか。徳栄にとって実の父以上に信頼していた宗玄の死は相当こたえ、徳栄は寺にこもって世間と離れて、人を避けて暮らすようになった。
 天正十年(1582年)のある日。館の前を通り過ぎる振売の商人を見て義綱は思った。
「わしも気楽な身になったな。以前妻の華と約束したな。…気楽な身になったら京の近くに住み雅な着物を買ってやると…。その願いも叶えられぬまま、わしはここ近江で何をしている…。」
織田信長が本能寺で明智光秀に殺され、その数日後光秀が羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に山崎の合戦で討たれるという知らせを聞いた。時代の大きな変革の時だ。
「世の中が大きく動いている。せっかくだからこの目で世の中の動きを見てこよう。今までなら当主という家臣を率いる立場にあって、できなかったことだな…。」
徳栄は諸国放浪の旅に発ち、京都、大阪などを回り徳川家康、豊臣秀吉などの大名を訪問し、和歌や連歌、医道を披露したり教えたりして過ごした。天正十七年(1589年)には秀吉が徳栄の優れた文芸を評価し、家臣として雇おうと申し出たが徳栄はこれを断った。それでも徳栄の今までの境遇に憐れんだのか、切妻造りの四脚門で随所に趣向を凝らした桃山建築特徴をあらわす伏見城の門を徳栄に与えた。しかしそれも徳栄は「今の自分には勿体無い。」と言い、与えられた門を秀吉が天正十四年(1586年)に造営した大徳寺に寄付し移築させたのであった。

 その後も徳栄は様々なところを訪れ歓待されたが、天正十八年(1590年)三月初め父・徳祐の具合が悪いというので近江坂本の館に戻った。徳祐は同月十ニ日に息を引き取った。すでに能登から自分を付き従って来てくれたたくさんの人達の死に立ち会っていたせいか、徳栄の目に涙はなかった。

−文禄ニ年(1593年)、近江舎吾(余呉)ノ浦海津のとある館の徳栄の寝室−

「今年の冬は寒いのう。冷えてたまらん。」
と徳栄が言うと、襖の外にいる小姓が
「何か上に羽織るものを持ってまいりましょう。」
「いや、よい。……それより、今日の能登の空は澄み渡っているかのう?」
「どうでしょうか。余呉の今日は鮮やかな冬晴れ。能登の空も澄み渡っているのではないでしょうか。」」
「……七尾城から見る景色はどうようなものであったかのう。冬になると夜が長くなるので色々考えてしまう……。」
「…。徳栄様、あと少しで正月になります。正月がくれば春もすぐ先です。じきに夜も短くなりましょう。」
「……。」
(徳栄様はお眠りになられたのかな。寒くなられてはいけないので、布団をおかけしてから戻ろうか。)
「徳栄様。失礼致します。」
小姓が襖を開けて徳栄の寝室に入った。
「!?……。徳栄様。お休みなられたのですか?・・・・徳栄様?・・・。徳栄様ああああ!」
畠山義綱は文禄ニ年十二月二十一日、能登から遠くはなれた近江国舎吾(余呉)ノ浦海津にて静かに息を引き取った。数えで五十九歳であった。
異国で最期を迎えた義綱にはわからなかったが、この日の能登の空は義綱の死を悲しむような大雨に見舞われていたという。

(終わり)

あとがきへ
目次に戻る


小説を読んだ感想をぜひお聞かせ下さい!下記メールアドレスまで
Copyright:2017 by yoshitsuna hatakeyama -All Rights Reserved-
contents & HTML:yoshitsuna hatakeyama<nanaoline@gmail.com>