人物列伝
「大内義長」

大内義長イメージ
↑大内義長イメージ像(畠山義綱画)

人物名 大内 義長(おおうち よしなが)
生没年 ?〜1557
所属 大内家
主な役職 大内家32代当主
特徴 陶晴賢死去後は懸命に領国維持に努めた
参考文献 (共著)『戦国大名系譜人名事典西国編』新人物往来社,1986年
(共著)『山口県の歴史』山川出版
『図説 山口県の歴史』河出書房
『日本の名族9中国編』新人物往来社、1989年
太丸伸章(編)『戦略戦術兵器事典A日本戦国編』学研,1994年
小和田哲男編『戦国大名閨閥事典』新人物往来社,1996年
山本一成『大内義隆の光と影』大内文化研究会.2000年
山本一成『目で見る大内文化』大内文化研究会.2002年
人物の歴史
 幼名・塩乙丸。左京大夫。大友義鑑(宗麟)の次子。母は大内義隆の姉。通称八郎。初め、12代将軍足利義晴の偏諱を受け晴英と称すが、大内家を継いだ後、13代将軍義輝の偏諱を受け義長となる。
 大内氏は中国地方の有力守護大名で、31代当主・大内義隆の時には周防・長門の他にも安芸などの中国地方と九州北部を中心に6カ国の守護となっていた。また大内氏は朝鮮との貿易や日明貿易を力の衰えた幕府に代わっておこなうなど、かなりの実力を有した。しかし、当主義隆が尼子氏との合戦の敗北、後継者義房の溺死などに意欲をなくし、文芸に興じた為、1551年9月陶隆房(同年10月に大内晴英より偏諱を受けて晴賢と改名)等家中の武道派から謀反を起こされ、自害に追いこまれた。その後継者として選ばれたのが大内義長である。
 義長には早くから大内家の家督相続の話があったが、義隆に実子の義尊が生まれて破談になっていた。しかし、義隆・義尊父子が隆房の謀反で自害すると、義長を当主に担ぎ出し1552年3月に家督を相続させた。隆房は当初大内家の後継者に義隆の嫡子義尊を擁立する事にしていたが、大友氏の協力を得る為に謀反を起こす前義長に変更したと言う。
 晴英(義長)は1552年3月1日に九州から迎え入れられ、周防国多々良の浜に到着した。20歳そこそこであった晴英(義長)を陶晴賢は300隻の船で迎えたと言うので、大大名の当主ゆえに盛大な出迎えを催したのであろう。大友義鑑の次子である義長の政治方針は、義隆の方針を基本的に維持したが、実権は陶晴賢に握られていた。義長の内政政策としては、1552年に8月にキリスト教の布教を許可し、山口に教会堂を建立したことが挙げられる。しかし大内家の実権を握っていた陶晴賢が毛利元就の策略にはまり1555年9月に厳島にて敗死すると大内家の状況も一変する。
 中心人物を失った領国は混乱し、さらに毛利軍の侵入を受け戦時体制に突入するのである。また、強力な支配体制を敷いていた陶晴賢がいなくなったことで大内家中で内紛も勃発した。1556年3月、先の厳島の戦いで晴賢の戦略により父・杉重矩を戦死させられた子・杉重輔が陶晴賢の子・長房と貞明を攻撃する。すると、陶氏に縁故のあった内藤隆世が杉重輔を攻撃するという事態に発展した。この重臣間紛争は当主・義長の調停にも関わらず収まらず、両者は後河原で交戦し山口の町まで戦火が及んだと言う。これが、大内氏の弱体化を進め滅亡を早める結果となったのは言うまでもない。1556年春、義長は内藤隆世の勧めもあり毛利軍からの周防防衛のため、高嶺城(山口市)を築いたり、居館の大内館に堀を築いたりして防戦に努めた。しかし、1557年3月に1年間にも及ぶ攻防を繰り広げた沼城がついに毛利軍の手に落ち、その軍も山口まで迫ってきた。義長は家臣の内応もあったので、高嶺城を出て山口を脱出し長門に逃れ且山城(勝山城)に入城した。毛利軍も長門に進軍したが、且山城は堅固でなかなか落ちなかった。元就は家臣の福原貞俊に命じ、4月2日且山城内に降伏勧告の矢文を射させた。それは「内藤隆世はかつて陶晴賢と組み主君大内義隆を攻めた謀反者なので死罪にするが、大内義長は大友氏から来た傀儡君主に過ぎない。だから、開城すれば義長を助命し、豊後に送り届けよう。」という内容だった。且山城内は賛否両論で争いとなったが、結局は元就の勧告通り内藤隆世は切腹して開城した。義長は毛利軍によって長府の長福寺に移送されたが、翌3日、毛利軍に包囲されて義長は自害した。結局元就の謀略にはまってしまったのである。
 義長が自害した事により大内は滅亡したが、その後大内家再興動きがあった。前々代の当主大内義興に謀反を起こした義興の弟隆弘の子・輝弘(大内義隆従兄弟)が豊後に逃れて大友氏を頼っていた。輝弘は大友義鑑に厚遇され、1569年に大内氏再興を目指して義鑑の支援の得て周防国に攻め入った。毛利側が小早川隆景や吉川元春らを派遣して輝弘を攻めたのであえなく輝弘は敗れ去った。大友義鑑が輝弘を支援した目論みは、大内輝弘を擁して中国地方の毛利勢を排除しようという目的があったのであろう。
義綱解説
 やはり最後の当主には哀愁が漂いますね。しかし、後ろ盾だった晴賢自害後も大内氏は確かに存在し、毛利の攻撃を懸命に防いで領国の防衛に努めたのです。義長がまがりなりにも2年間領国を維持したあたりは「ただの傀儡当主で全くの無能であった」のではないことを感じさせます。それにしても、義長自害後、大内輝弘らによる大内氏再興の動きがあったとは知りませんでした。

☆信長の野望で大内義長能力値の変遷
政=政治。戦=戦闘。武=武勇。知=知略・智謀。采=采配。統=統率。魅=魅力。教=教養。野=野望。健=健康。運=運。足=足軽適性。騎=騎馬適性。鉄=鉄砲適性。水軍=水軍適性。弓=弓適性。計=計略適性。兵=兵器適性。城=築城適性。内=内政適性。
全国版の数値はMAX=106。数値はゲームの過程で上限を超えて変動。
天翔記の数値は政治、戦闘、智謀のみMAX=200、それ以外はMAX=100
♯全国版のみ「知能」を「政治」に、「野心」を「野望」の能力値に置き換えた。
♯蒼天録以前は「知略」は「智謀」であった。

ゲーム 能力適性 特技・策戦
武将風雲禄 43 36 68 79 42
覇王伝 43 22 9 63 42
天翔記 106 60 46 74 43
将星録 49 35 24
烈風伝 49 30 16 43
嵐世紀 35 8 21 29 足軽・槍・荷駄 逃亡
蒼天録 35 11 18 18 足軽 茶湯・誘導
天下創世 32 10 18 63 なし
革新 36 20 12 22 なし
天道 36 20 12 22 兵器強化
創造 42 35 22 28 鼓舞・不運

MAX200の天翔記の数値を半分に換算すると、概ね政治は50前後、戦闘は30前後で推移している。武将風雲禄での教養値の高さは、さすがの大内氏だけあって高い水準と言える(天下創世では意外にたいしたことない)。戦闘特性(統率・知略))はほとんど最低値で、傀儡当主の典型的能力値と言えそうだ。嵐世紀ではゲーム全体的に能力値が下がったので、義長の能力値も下がったが、蒼天録・天下創世で下げ止まり、革新でやや上昇傾向にあるようだ。革新では高嶺城を築いたり、居館の大内館に堀を築いたりしたのが評価されたのか、築城適性がCになっている。創造では全国的な能力値デフレ武将の能力値が下がっているにも関わらず、大内義長は微増となった。

BACK

「人物列伝」の目次へ戻る


Copyright:2014 by yoshitsuna hatakeyama -All Rights Reserved-
contents & HTML:yoshitsuna hatakeyama