人物列伝
「畠山高政」

畠山高政イメージ
↑畠山高政イメージ像(畠山義綱画)

人物名 畠山 高政(はたけやま たかまさ)
生没年 1527〜1576
所属 河内畠山家(畠山尾州家・政長流)
主な役職 河内畠山家当主
特徴 何度も転戦を繰り返し実力を取り戻そうとする。
人物の歴史
 播磨守。尾張守。仮名・次郎四郎。河内守護。1552(天文21)年9月29日条の『天文日記』によると、「畠山家督次郎四郎(高政)播磨守子也、就被成之、以一札太刀、馬代遣之使円山。」とあり、この時期に河内畠山で代替わりがあったことがわかる。従来は、1550(天文19)年に畠山政国が死去したことが家督交代と見られていたが、当時代の一級史料である『天文日記』に書かれていたことは、信用ができる。
 さて、家督が変わった前年にはすでに河内畠山家中には不穏な事件が起こっている。5月5日にそれまで畠山稙長政権や畠山晴熈政権の実力者であり、三好長慶と自分の娘を結婚されるなど畿内でも実力を得ていた遊佐長教が暗殺された。下手人は坊主であったが、裏で指示していたのが河内の富豪で実力者でもあった萱振氏と言われた。そこで、翌1552(天文21)2月10日、遊佐一族の出自で地元の有力国人と縁戚関係を結んで安見氏を名乗っていた安見宗房が、萱振氏一族を酒宴に招き暗殺した。ここに1552(天文21)年に河内畠山氏の実力者は大きく転換した。このような事情もあって、家臣団の統制に成功した安見宗房が高政を守護に擁立したのである。つまり、これ以前には遊佐長教・安見宗房と対立する萱振氏という構図で、河内畠山家(尾州畠山家・政長流)は家中が二分されていたのである。

 この高政政権はその性格上、安見宗房とその息のかかる人物に実権を掌握されていた。1553年(天文22)年に安見宗房と丹下盛知の連署状があるので、この2人が政権の中枢だったのだろう。遊佐長教の跡は遊佐太藤が安見宗房や丹下盛知や走井盛秀らによって擁立されていた。

 高政は1553(天文22)年、反幕府方・三好長慶が上洛したため、将軍・足利義輝に従い、守護代・安見宗房とともに近江に逃れた。しかし、1558(永禄元)年11月には高政が安見宗房の専横に怒り紀州に下った(一説には当主を降ろされたとも言われる)。同年将軍と和睦した三好長慶は安見宗房と対立し、交戦していた。三好長慶の助けで安見宗房を高屋城・飯盛城から追放し、畠山高政を復帰させる(永禄2年8月の観心寺文書でも高政復帰が確認できる)。天文年間末頃には高政と遊佐太藤とが対立があったようで、太藤を退け1559(永禄2)年には遊佐新次郎(後の信教)を用いている。前年の安見宗房との対立も含み、高政の大名権力回復策と考えることができる。というと、宗房との件は大名権力回復に対する重臣たちの反発にたいしての出奔と言えるかもしれない。また、太藤との件は、高政がこの時期に主体的に家臣組織を操作し得るほど権力が回復していることを示唆している。これも宗房が家中に居ないためであろうか。また、1559(永禄2)年9月に真観寺に高政が免税の判物を発給している。1545(天文14)年に畠山稙長が死去した後は、遊佐長教が発給していたことを考えると、確実に大名権力が回復傾向にあると言える。しかし、前述したように、安見宗房など遊佐一族は地元の国人らと関係を強固に結んでおり、宗房と対立する高政政権は不安定であったようだ。そのため、1560(永禄3)年6月に安見宗房と和与することになる。

 高政が安見宗房を和議を結んだことで、高政は再び三好長慶と対立することになる。長慶にしてみれば宗房を追放して高政を復帰させたので、その存在意義に関わるので、当然のこととも言える。すぐに三好は高政・宗房討伐のために河内へと出陣。同年10月には高屋城・飯盛城が陥落し、高政らは堺へと出奔した。高政は六角承禎と組み河内奪回のために根来寺などの紀州勢を率いて1561(永禄4)年7月には河内に進撃する。この戦いは長期戦となり翌年まで及ぶ。1562(永禄5)年3月5日の和泉久米田合戦で、三好実休(義賢)を戦死させ、さらに六角氏が京都を占領したこともあり合戦は高政に有利に進んだ。そして、高政軍は三好長慶の本拠地である飯盛城の攻撃を開始し、同年5月20日の河内教興寺合戦を迎えた。この合戦で四国衆を加えた三好軍に根来衆を加えた畠山軍は大敗する。主力の湯川直光が戦死し、安見宗房は大阪本願寺へ逃亡、高政自身は一端は堺へ逃れ、さらに紀伊へと逃れた。

 1564(永禄7)年7月4日に三好長慶が死去すると、三好政権も弱体化していき。高政にも再び復権のチャンスが回ってくる。翌年1565(永禄8)年の10月頃より高政は再び河内方面へと進撃していく。弱体化していく三好家はこの動きを抑えられず、1566(永禄9)年に高政と三好家は再び和睦し高政が高屋城に復帰する。後に、織田信長が足利義昭を伴なって入京すると、三好家から離反し、信長に属して1568(永禄11)年に将軍・義昭より河内半国守護に任命された。だが、1569(永禄12)年に遊佐信教、安見宗房らの政権の中枢にある人物が高政の弟・昭高を擁立すると、岩室城に逃れ、1576(天正4)年に死去した。
参考文献
森田恭ニ『河内守護畠山氏の研究』近代文芸社、1993年
戦国合戦史研究会(編)『戦国合戦大事典第4巻大阪奈良和歌山三重』新人物往来社、1989年
弓倉弘年「天文年間の畠山氏」『和歌山県史研究』16号、1989年
矢田俊文「戦国期河内国畠山氏の文書発給と銭」『ヒストリア』131号、1991年
義綱解説
 この時期の河内畠山家は本当に複雑です。畠山尾州家(政長流)と畠山総州家(義就流)とが対立して、さらに尾州家家中の中でも対立構造があります。さらに、将軍家や細川家、三好家、本願寺との関係に加え六角家や紀州の根来寺や国人勢力など様々な支援勢力があり、畿内はまさに混沌としている状態でした。それゆえ、高政も状況に応じて色々な勢力と結ばなければ自家を保つことができないことがわかっていたようにも思えます。

☆信長の野望での畠山高政能力値の変遷
政=政治。戦=戦闘。武=武勇。知=知略・智謀。采=采配。統=統率。魅=魅力。教=教養。野=野望。健=健康。運=運。足=足軽適性。騎=騎馬適性。鉄=鉄砲適性。水軍=水軍適性。弓=弓適性。計=計略適性。兵=兵器適性。城=築城適性。内=内政適性。
全国版の数値はMAX=106。数値はゲームの過程で上限を超えて変動。
天翔記の数値は政治、戦闘、智謀のみMAX=200、それ以外はMAX=100
♯全国版のみ「知能」を「政治」に、「野心」を「野望」の能力値に置き換えた。
♯蒼天録以前は「知略」は「智謀」であった。

ゲーム 所属 能力適性 特技策戦
覇王伝 畠山家 41 59 30 52 30
天翔記 畠山家 118 92 50 72 35
将星録 三好家 55 41 35
烈風伝 三好家 49 41 25 39
蒼天録 畠山家 43 27 30 58 鉄砲 収拾・茶湯
創造 畠山家 22 40 50 34 逆撫で

 高政は覇王伝で信長の野望初登場。中学生だった当時は能登の他にも畠山家がいるのだと、興奮したものです。その後、室町幕府の三管領の畠山の家柄と知ってさらに好きになりました。ただゲームにおける評価はイマイチですね。蒼天録で兵種が鉄砲なのは、おそらく和泉久米田合戦で三好実休(義賢)を討った時、鉄砲の流れ弾に当たったことからなのでしょう。その割に鉄砲適正は天翔記も将星録もE評価というのはどうなのでしょうか?。ゲームにおいて素晴らしいのはそのグラフィック。特に覇王伝で、とっても渋くてカッコイイオジサマです。畠山義綱と同時期に活躍した河内畠山家の人物ですから、もっと能力値も頑張ってもらいたいものです。蒼天録以来、登場武将の精選を受けて登場無し。しかし、創造で、しかも大名として復活を遂げる。ただ…政治値22ってちょっとひどいと思うのです。同じ時期の地方大名と比べてもかなり低いです。この混乱に次ぐ混乱の畿内で、一時的にしろ政権を保ったのは政治手腕だと思うのですが…。個人的には烈風伝の49が適正化と思います。

BACK

「人物列伝」の目次へ戻る


Copyright:2014 by yoshitsuna hatakeyama -All Rights Reserved-
contents & HTML:yoshitsuna hatakeyama