山川館(山川館址)


野々市山川館跡
↑野々市の山川館跡付近。遺構は何も残っていない。

読み仮名 やまごうやかた
別名
所在地 野々市町山川町
形式 平館
築城者 不明
築城年 不明
遺構
歴代城主 山川氏ヵ
 
 山川氏は冨樫氏の一族で、冨樫家経の子にあたる繁家が始祖にあたる。現在の山川町あたりを領していたと思われ、山川三河守の居館の本館は伝承によると冨樫館北西の場所にあったと言う。江戸時代の記録によるとわずかに土塁が残っていたと言われる(『ののいち歴史探訪』野々市町教育委員会発行より)。
 山川氏は金沢市にも居館跡と言われるところがある。その館跡付近に神社があり、その付近にある山川砦は「見張り台」として機能していたのではないかと高井勝己氏は指摘する(『北加賀の山城』高井氏自費出版より)。
 野々市町の山川館跡については、館跡と推定される場所が1993(平成5)年、建物建設に伴なう発掘調査が一部付近で行われた(『富樫館跡V』2003(平成15)年)。発掘調査では遺構として縄文時代の土器や屋外炉も確認された。近くには近世以降の道が確認されているが、主たるものとしては中世では土師器皿、加賀焼甕、瀬戸・美濃の丸碗。珠洲焼擂鉢、越前焼壷も確認され、14世紀〜15世紀の遺構・遺物が確認されている。従って屋敷跡の徴証は確認できなかったが、「山川館」の存在した可能性はあると考えられている。

 現在では金沢のベットタウンとして活性化される野々市の宅地化に押されて、家並みが連なる。山梨県の甲府市では武田24将の屋敷跡と推定される土地には民家の前であっても看板が立っている。この館跡と推定される場所にも「山川館址」などのような木碑や看板など建てられれば良いのだが・・・っと思っていたら、最近看板が立てられていたようです。写真を撮るためにここに来る理由が増えそうです。

BACK

城分布図に戻る


Copyright:2020 by yoshitsuna hatakeyama -All Rights Reserved-
contents & HTML:yoshitsuna hatakeyama